実験すること。最高のライティングとは。

SG講座9日目です。

 

本日のお題は、「実験」と「ライティング」に関してです。

 

実験

ショートレンの時点では、数を作って「実験」していくことが第一優先。

 

記事タイトルと記事内容があっていればOK。

 

完璧にクオリティーを求めるのは、今の段階では必要ない。

 

選んだ商品やキーワードでアクセスが集まるかどうかを実験していき、データを集めること。

 

最高のライティングとは

 

アフィリエイトで稼ぐためには、ライティングスキルがあったほうがいいのか?

 

読者の興味を引き付けることで、成約率をあげることに繋がるので、スキルはあるに越したことはないのですが、こういったテクニック的なものは使い方を間違ってしまうと逆効果になってしまう。

 

 

最高のライティングとは「訪問者のことを第一に考えたもの」。

 

記事とタイトルがあっているか?」
「画像もシンプルで広告っぽいものではないか?」
「シンプルなテンプレートで見やすいか?」

 

訪問者のことを考えた記事であれば、下手な文章でも問題ない。

 

逆にどんな綺麗な文章でも、訪問者が求めていることを書いていなければ意味がない。

 

今実践しているブログアフィリエイトでいうと。

 

「記事タイトル」に対して、記事はちゃんとマッチしているか?

 

例えば「商品名+最安値」の記事タイトルなのに、商品の説明だけで終わっているということはないか?

 

商品の最安値の理由やどこが一番安いのか書いているか?

 

訪問者のことを考えた記事が土台であり、そこにテクニックを加えていく。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

トップへ戻る