集中と分散を状況によってバランスよく

SG講座7日目です。

 

今回の講座は「分散メソッド」ということで、「集中」と「分散」についてまとめていきます。

 

世の中は矛盾だらけで、一見違うように見てても実は本質は同じで、どちらも正しかったりする。

 

「集中」と「分散」も真逆のことだが、どちらもうまく状況に応じてつかっていくことが大切。

 

今の状況で例えると・・・

 

  • ブログ・サイトアフィリエイトでは「集中」していく必要がある。
  • ブログ・サイトの「分散」、テクニック「分散」をしていく

 

この2つのバランスが非常に大事な部分。

 

 

「集中」という点では、シンプルでツイッターやメルマガなどあれこれ手を出すのは今の段階ではしないで、ブログ作成だけに集中するということ。

 

 

「分散」はどういうことかというと、@ブログ・サイトの分散、?テクニックの分散。

 

@ブログサイトの分散とは、いろいろな無料ブログサービスを使うということ。
その理由。

 

  1. サテライトブログの被リンクの力を高めるため(違うブログサービスの被リンクはSEO効果が高い)
  2. 収益のリスクヘッジ(限定したブログサービスだけを使うとそこが圏外にとんでしまい収益がストップするのを防ぐ)
  3. 削除のリスクヘッジ(規約が変わりある無料ブログサービスが削除されることを防ぐ)

 

とくに、収益と削除のリスクヘッジは、実際に複数作っていくことで検証して分かること。

 

誰かが教えてくれることではない。

 

そして?テクニックの分散は、大きな枠のテクニック(LUREA)は変えずに、細かいテクニックを分散していくことで収益の伸びに関わってくる。

 

例えば、Aブログに3記事、Bブログに10記事、Cブログに20記事・・・と分散することで、記事数とアクセス数の関係が分かる。

 

すべて同じ記事数をただ作り続けていると検証はできない。

 

また、商品の分散だったり、
(季節商品、新商品、売り切れ商品など)

 

ランキングの分散など。
(ランキング上位から下位までまんべんなくやってみる)

 

こういった細かい部分を分散することで比較できる。

 

 

 

 

今回の講座は、「集中」と「分散」のバランスが大切だということでした。

 

検証のためにブログを数作っていくという意識でテクニックの分散をしながら、しっかり集中ところは集中するという講座でした。

 

次回はSG講座8日目となります。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

トップへ戻る