悩み解決の続き&ミドルへの拡張

SG講座28日目です。

 

まず前回の悩み解決の音声講座の続きです。

 

収益をのばすために意識していること

 

最初は生活していくための収入を目指すのはいいが、

 

ずっと収益だけを目指していると限度がなく、自分が何のためにお金を手に入れたいのか?とわからなくなってくる。

 

そのため、最終的に自分が目指していることは何か?の価値基準を明確にしておくことが大切。
[価値基準を考える]

 

面倒だと思うことこそやる!

面倒と思った事にこそ稼げるチャンスがある。

 

日ごろから、これ面倒だなと思うことをメモしておき、解決策を考える癖をつけていく。

 

思考力をフル活動させること。

 

ネットビジネスの多角化や独立のタイミング

まずネットビジネスの多角化は、自分がこのタイミングだ!と思う時が一番。

 

収入の面からいうと、今やっている1つのビジネスで生活できるくらいになれば、新しい他のネットビジネスに展開していくのがいい。

 

また独立のタイミングは、税金に関していうと月に40〜50万円の収入を超えるあたりから、個人事業主→株式会社にしたほうが税金が安くなるそうです。

 

ミドルレンジの拡張

ショートレンジからミドルレンジに移っていくということで、まずショートレンジとミドルレンジは別枠ではないということ。

 

ミドルレンジの枠の中にショートレンジも含まれているというイメージ。

 

ショートレンジは、商品名+購買意欲の高いキーワード(激安、格安、在庫、品切れなど)を狙い、ASPは楽天、アマゾン、ヤフーショッピングから商品を選びました。

 

ミドルレンジでは、狙うキーワードがもっと幅広くなり、商品名+購買意欲の一歩手前のキーワード(口コミ、レビュー、体験など)からも狙えて、ASPもA8やアフィリエイトB、バリューコマースなどからも商品を選びます。

 

ですので、ミドルレンジで作ったブログやサイトに、ショートレンジの購買意欲の高いキーワードを含めた記事を入れていくのもいいですし、逆に、楽天アフィリイトの商品を「口コミ」というキーワードで狙っていくのもいいです。

 

ミドルレンジに移行しても、ショートレンジと両方のキーワードや商品も狙っていくことができるので、実践していく範囲や選択肢が広くなったということです。

 

しかし、ショートからミドルに移った時に、どんな記事を書けばいいのか分からなくなってしまい手が止まってしまうことがあります・・・。

 

そういったときには、参考にしたいライバルサイトをいくつかピックアップして、そのサイト構成や記事の書き方などを徹底的に研究していくことが大切です。

 

そのときに良い点ももちろんですが、良くないと思う点もチェックしていくことで、自分の力もついていきます。

 

 

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る