関連キーワード&アフィリエイトを遊びつくす

SG講座26日目です。

 

ショートレンジでは「商標名+購買意欲の高いキーワード」でタイトルをつけて、難易度の低いところで収益を狙ってきました。

 

ただ、難易度が低いぶん、誰でもできるのでライバルが常にいるところでやっていくことになります。

 

そのため、新商品や旬の商品を選ぶことが多くなり、収益も短期的なものとなってしまいます。

 

実際に私もショートレンジで新作のCDアルバムやDVDでやったときに、発売日前後に収益が集中しますが、一時的なもので長くは続きません。

 

その反面、「関連キーワード」は組み合わせたりすると無限のパターンになり、ライバルのいないところを狙ってくいくことも十分できるのです。

 

そこで長期的な収益にもつながっていきます。

 

3〜4個を組み合わせる「複合関連キーワード」で、その商品が欲しい人が検索するようなキーワードをリサーチしていく。

 

そしていろいろな組み合わせで、ライバルと競合しないようなキーワードを実験・検証しながら見つけていく。

 

関連キーワードは数をこなしていくことで自分自身で分かっていくものなので、テクニックや答えはありません。

 

今までよりもリサーチに時間がかかり、コツコツと積み上げていくので、ショートレンジのようにスピード感はありませんが、

 

今から関連キーワードでブログやサイトを作ることに慣れておくことで長く収益を出せる力がついていきます。

 

アフィリエイトを遊びつくす

アフィリエイトを楽しみながらやっているか・・・

 

ただのルーチンワークのように機械的にやっていくのではなく、楽しみながらできているかが大切だということです。

 

例えば遊びもそうですが、楽しみながら遊んでいるから、「こうやったら楽しそう!」とか「あれやってみよう!」とかいろいろな発想がでてきますよね。

 

子供を見ていると、公園の遊具一つでもその子によって遊び方が違います。

 

型にとらわれず、自分が楽しそうと思ったことをどんどんやっていく。

 

これはアフィリエイトにも置き換えられます。

 

楽しみながらやっていると、発想の数も変わってきますし、

 

テンプレートやテクニックに惑わされずに、「ユーザーの役に立つ情報提供」という本質さえしっかりとしていればどんなやり方だっていいわけです。

 

真剣に、夢中でアフィリエイトを遊びつくすということですね。

 

とても大事な部分だと思います。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

トップへ戻る