数をこなしていく上でのデータ収集と分析

SG講座17日目です。

 

今、記事やブログの数を作っているのは、データを集めて、それを分析していくため。

 

データとは・・・

  1. 売れる商品
  2. アクセスの集まるキーワード
  3. 成約取れるキーワード
  4. ライバルの強さ
  5. ブログのアクセス集まりやすさ

 

そこで2つの戦略を使って、データ収集と分析をしていく。

 

ばらまき戦略

 

まだデータが全然集まっていなくて、何から始めたらいいかわからない時。

 

Aブログ(FC2) ジャンル型
季節の商品(100文字×10記事)

 

Bブログ(ライブドア) ジャンル型
ランキング上位の商品 (100〜500文字×20記事)

 

このようにできるだけやり方を分散して差を作っていくことで、うまく行くのがどういったパターンか見えるようになる。

 

どんぐり戦略

 

ばらまき戦略でうまくいきそうなブログは、どんぐり戦略を使っていく。

 

さらにレベルをあげていくために、基準値を作り比較していく。

 

ばらまき戦略でBブログが売れそうだと分かったら・・・

 

B1ブログ(Seesaa) ジャンル型 
ランキング上位 (100〜500文字×20記事)

 

B2ブログ(忍者) ジャンル型
ランキング上位 (100〜500文字×20記事)

 

こうやって基準値はそのままで、ブログサービスだけ変えてみるとか。

 

他には、更新頻度だけ変えてみてアクセスを見てみるとか。

 

基準値はそのままで分散していくと、データを集めることができる。

 

こうして自分でデータ収集をして分析をしていくことで実力がついてくるので、、時代が変わっても対応できる。

 

逆にテクニック的なものを人から教えてもらうだけでは、変化があったときにそれしか知らないので前に進めなくなる。

 

この「データ収集と分析」は、今後ミドルレンジやロングレンジでも使えるし、どんなビジネスを始める時にも使える。

 

データ収集の段階では、完璧につくる必要はなく、データを集めるための実験。

 

とにかく今は数をこなして、このデータ収集と分析を繰り返し、実力や経験値を身につけていくことだけを考えて実践していきます。

 

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

トップへ戻る